チェチェン総合情報
ホーム | 更新情報 | 基礎情報 | 地図 | ニュースレター | アーカイブス | 読者討論 | イベント | ポリトコフスカヤ情報 |
リンク | サイトについて

アムネスティ発表国際ニュース/2004.04.07

AI INDEX:EUR46/014/2004

チェチェンとイングーシの状況は悪化している。
失踪、強かん、拷問、超法規的処刑の新たな証拠

アムネスティ・インターナショナル、ヒューマンライツ・ウォッチ、拷問被害者のケアのための医療基金、メモリアルによる共同声明

http://web.amnesty.org/library/Index/ENGEUR460142004

2003年10月におこなわれたチェチェン共和国大統領選挙を、ロシア政府はチェ チェンが正常化へと向かう大きな変化であるとして歓迎した。しかし、同地域におけ る暴力と虐待の連鎖は依然として断ち切れていない。ロシア連邦軍とチェチェン武 装勢力による、強制「失踪」、強かん、拷問、超法規的処刑は、チェチェンでは日常 茶飯事のことである。同じような人権侵害がイングーシでも増加している。さらに、 ロシア政府は、「正常化」へ進む過程の段階として、イングーシの避難民キャンプを 閉鎖し、弱い立場にある国内避難民をチェチェンに移動させるために、圧力をかけ 誘導している。

「アムネスティ・インターナショナル」、「ヒューマンライツ・ウォッチ」、「拷問被害者 のケアのための医療基金」、「メモリアル」は、チェチェンとイングーシにおける人権 侵害を終わらせるために直ちに措置を講じるよう、ロシア連邦政府に対して要請す る。我々は国際社会に対し、ロシア政府が国際人権基準の下でその義務を果たす ように訴えることを求める。特に国連人権委員会は、チェチェンとイングーシにおけ る状況に関し、そうした内容の強い決議を採択すべきである。重大で組織的な人権 侵害を明瞭に非難することに失敗すれば、同委員会の倫理的権威をおとしめ後退 させることになるであろう。

チェチェン

2004年初頭、ロシア軍とチェチェン武装勢力は、チェチェンにおける深刻な人権侵 害に関与し続けた。しかし、最近「カディロフツィ」(カディロフ一派)と呼ばれる新興 武装勢力が台頭してきており、多くの「失踪」事件を引き起こし、チェチェンの多くの 人々はロシア軍以上にこのカディロフツィを恐れていると語っている。このカディロフ ツィは、親ロシア派のチェチェン大統領アフマド・カディロフの息子を中心に組織され た武装勢力である。

人権団体メモリアルは、チェチェン領の約3分の1の状況を組織的に監視してい る。メモリアルによれば、2004年上四半期で78人がチェチェンで誘拐され、そのうち の41人がその後「失踪」したとしている。また同時期に、少なくとも30人の民間人が 武力紛争によって死亡した。アムネスティ、ヒューマンライツ・ウォッチ、メモリアルが 記録している最近のいくつかの人権侵害事件は、以下のようなものである。

2004年4月15日火曜日、英国の公益団体「拷問被害者のケアのための医療基金」 は、チェチェンにおける武力紛争において強かんが行なわれているという、最初の 重要な信頼できる証拠を提供する報告書を発表する。報告書「チェチェン紛争にお ける強かんとその他の拷問:英国にやってきた難民申請者から得られた証拠」 シャーロッテ・グランヴィル・チャップマン博士著、拷問被害者のケアのための医療 基金(英国ロンドン)発行(2004年4月)(なお、報告書は以下のウェブサイトからも 入手できる、http://www.torturecare.org.uk/、医療基金広報部−電話 +44-[0]20-7697-7792)。

報告書は、ロンドンにある医療基金の治療センターに収 容されている、チェチェン紛争から逃れてきた35人の難民申請者−男性が16人、女 性が19人−を対象にした、医学的かつ心理学的な記録に基づいている。検査と治 療の間、16人の女性と1人の男性が、医療基金の臨床医に強かんされたと打ち明 けた。このうち13件がロシア兵によるもの、3件がロシアの警察官によるもの、1件 がチェチェンの反政府武装勢力によるものとされている。また17人の強かん被害者 のうち、10人がチェチェン人、5人がチェチェン人とロシア人の両親を持つ人であり (その中に、チェチェン武装勢力により強かんされたという女性も含まれている)、2 人がロシア人であった。強かんの被害者からの聴き取りはすべて、強かん被害者 やその他の性的暴力の被害者からの聴き取りについて何年もの経験を持った専門 医によって行なわれた。彼らの証言は信頼できるものであり、他の強かん被害者の 証言とも一致していると、医療基金は結論している。

人権団体は、これまで長らくチェチェンで性的暴力が蔓延していると考えていた。 しかし、事件そのものが恥辱として隠されてしまうため、そのような性的暴力に関す る情報を収集することが困難であった。実際、強かんの被害者の半数以上は、事 件からはるかに時間を経た後でも、不名誉ないし恥辱だという傷痕を抱えている。 ある女性の被害者は、彼女が強かんされたことが明らかになったとき、同じ地域に 住む女性に侮辱され暴行されたと、医療基金に語っている。

医療基金は、報告書の中で、何度も蹴られたり、殴られたり、あるいは焼かれたり するなどの拷問や虐待についても報告している。基金の医師たちは、肩の不接合、 骨折、腎臓の損傷などを記録している。これらの報告は、チェチェンで行なわれてい る拷問について、この声明に署名している他の団体が集めた情報と一致している。

国内避難民の状況

イングーシにある10の避難民キャンプには何千人もの国内避難民が生活してい るが、彼らは、チェチェンの治安状況に対して十分根拠のある不安を抱いている。し かし、ロシア政府は、彼らの不安を無視してチェチェンに戻るようにと圧力をかけ続 けている。多くの場合ロシア政府は、イングーシに住み続けたいと望む国内避難民 に、代替の居住施設を提供するという約束を果たしていない。また、多くの帰還者 が住まわされているロシア政府が運営するグロズヌイの居住施設は十分な状況に はない。

4月1日、ロシア政府はスプートニク国内避難民キャンプを閉鎖した。これは、イン グーシでこの半年間で閉鎖された中で四番目に大きなキャンプである。キャンプに いた避難民は、ロシアとチェチェン政府の役人たちが彼らをチェチェンに戻るよう「あ めとむち」の手法を使ったと、アムネスティ、ヒューマンライツ・ウォッチ、メモリアル に語った。避難民たちによると、役人たちは、もし彼らがチェチェンに戻れば、損失 財産に対する補償を約束するが、彼らが戻らない場合には人道支援を打ち切ると 警告した。さらに、法執行官は、もしチェチェンに戻らないなら、弾丸を撃ちこむか麻 薬づけにするぞと脅したという。アムネスティ、ヒューマンライツ・ウォッチ、メモリア ルの調査員は、同じような「あめとむち」の方法がイングーシにある最後のキャンプ のサツィタでも行なわれていることを確認した。

多くの国内避難民は、キャンプから追い出されてチェチェンに戻され、いわゆる 「一時居住センター」(TAC)に滞在している。3月下旬にグロズヌイにある4つの一 時居住センターを訪れた際、アムネスティ、ヒューマンライツ・ウォッチ、メモリア ルの調査団は、一時居住センターの環境は国際基準を満たしていないことを確認した。 それぞれの一時居住センターでは、6人用につくられた14平米の部屋に8人からそれ以 上が収容されていた。どの施設にも水道設備や下水設備はなく、人道支援の食糧 は不定期で不充分で、国内避難民は人道支援機関から何も受け取っていないと 語っていた。

調査団はまた、ロシア政府が、チェチェンに戻った避難民に対してその損失財産を 補償するという約束を果たしていないことも確認した。グロズヌイにある一時居住セ ンターにいる12人以上の国内避難民のうち、補償を受け取った人は誰もいなかっ た。多くの人は、書類手続が取られていないとか、補償を受取者リストから奇妙に も名前が消えていたりした。

イングーシにおける状況

長い間チェチェン紛争の特徴であった人権侵害は、イングーシへと急激に広がり つつある。メモリアルは、2004年だけで多数の「失踪」の情報を受け取っている。人 権団体は、ここ数か月の間に行なわれた多くの即決処刑、民間人の死傷につなが るような攻撃があったことを記録している。

イングーシにおける最近の調査で、アムネスティ、ヒューマンライツ・ウォッチ、メモリ アルは以下のことを報告している。


このリリースについての問い合わせ先:
社団法人アムネスティ・インターナショナル日本
〒101-0048 東京都千代田区神田司町2-7 小笠原ビル7F
TEL:03-3518-6777 FAX:03-3518-6778
E-mail: ksonoko@amnesty.or.jp
ホームページ: http://www.amnesty.or.jp/