チェチェン総合情報
ホーム | 更新情報 | 基礎情報 | チェチェンニュース | アーカイブス | 読者の意見 | イベント | ポリトコフスカヤ情報 | 林克明の仕事 | リンク | サイトについて

チェチェンニュース Vol.05 No.08 2005.03.10

チェチェンイベント情報: http://chechennews.org/event/index.htm#2005031201

■マスハドフはどうして殺されたのか?

(大富亮/チェチェンニュース)

 チェチェン独立派のマスハドフ大統領が殺害されたのは、 首都グロズヌイ近郊の村、トルストイ・ユルトでした。 現場での状況を知り、公表できるのは今のところロシア側だけなので、 その報道のなかから確実と思われる点をピックアップして3月8日の事件を考えてみます。

1.マスハドフとは何者だったか)

 もとソビエト陸軍の砲兵隊の大佐で、1992年に引退して以来、チェチェン独立派の総司令官になった。 94−96年の第一次チェチェン戦争を指揮し、ロシアのレベジ将軍との間で和平合意を結ぶ。 97年1月に、欧州安全保障協力機構(OSCE)などの監視下で行われた民主的な選挙により、大統領に選ばれた。 同年5月にエリツィン大統領との間で平和条約を締結。 チェチェン抵抗勢力のなかで、一貫してロシアとの交渉を主張していた人物だった。 ロシア側によると「ベスラン学校占拠人質事件の黒幕」だが、有力な根拠はなく、 むしろマスハドフは事件の最中にも、犯人グループを非難していた。

人物情報: http://chechennews.org/basic/biograph.htm#Maskhadov

マスハドフの結んだ合意と条約:
ハサブユルト合意(96年)http://chechennews.org/archives/khasaviurt.htm
平和と相互関係に関する条約(97年)http://chechennews.org/archives/peacetreaty.htm

2.前景その1−−−一方的停戦)

 2月2日、マスハドフ大統領が、チェチェン側部隊に対して、 ロシア軍に対する一方的な戦闘行動の停止を命じた。同時に、コメルサント紙のインタビューで、 マスハドフは、この停戦がロシアを交渉に呼び込むための「善意の表明だ」と語る。 これに対してプーチン政権側は何も反応しなかった。 逆にコメルサント紙に対して「テロリストの発言を報じた」などと警告する。 停戦は、予定どおり2月22日まで続いた。

コメルサント紙のインタビュー:
http://groups.msn.com/ChechenWatch/general.msnw?action=get_message&mview=0&ID_Message=1594

3.前景その2−−−和平交渉)

 停戦のねらいは、チェチェン側のゲリラ部隊のすべてがマスハドフに従っていると、 ロシアと国際社会に示すことだった。実現すれば、交渉当事者としての資格が証明される。 事実、これに呼応して、ロシアのNGO「兵士の母親委員会」のメリニコワ委員長らが、マスハドフの代理人であるザカーエフ文化相と、 ロンドンの欧州議会代表部で会談した。これにかかった費用は、欧州議会が負担した。 ここで「チェチェン戦争に軍事的解決はありえない」と明記した合意文書「チェチェンにおける平和への道」が採択されている。

「チェチェンにおける平和への道」[ChechenWatch]:
http://groups.msn.com/ChechenWatch/general.msnw?action=get_message&mview=0&ID_Message=1606

4.ロシア政府の態度)

 和平交渉はロシア側にとっても重要なはずだが、ロシア政府はこの動きを黙殺した。 応じれば戦争は終わってしまい、チェチェンに展開している軍・治安機関は存在意義を失う。 また、「交渉に値しない」と宣言すれば、逆にマスハドフから和平のオファーがあることが目立ってしまい、 西側と、場合によっては国民からも批判を受け、このところ下がり気味のプーチン政権の権威が地に落ちる。 こうなると、無視するしかない。

5.死の状況)

 3月7日ごろから、連邦保安局(FSB)部隊がトルストイ−ユルト周辺での掃討作戦を行い、8日に、 民家の地下に隠れていたマスハドフが殺された。村は、首都グロズヌイからわずか15キロほどの場所。 連邦保安局(FSB)のパトルーシェフ長官は、得意気に「こちらの部隊には損害がない。彼らは勲章を与えられるだろう」と語った。 遺体はすぐにビデオ撮影され、ロシアのテレビNTVで放送された。 マスハドフは上半身の服を脱がされ、あごに銃弾と見られる損傷がある。 ロシア軍のスポークスマンのシャバルキンによると、遺体は遺族に返還されない(!)。

 ラムザン・カディロフ(親ロシア私兵集団のボス)は、 「ロシア軍が殺害」ではなく、「戦闘中に死亡」という表現にすり替えたいのか、 「マスハドフは自分たちの武器の誤射で死んだ」と語ったという報道もあった。

モスクワニュースの報道(写真あり):
http://www.mosnews.com/news/2005/03/08/patrushmask.shtml

6.日本の各紙の報道)

 一概に報道と言っても、だいぶ媒体によって違う。ネットにあるものを比較してみると、 ・・・してみたかったのだが、余力がないので、読者のみなさんの判断を仰ぎます。(いずれも9日付)

朝日新聞<チェチェン独立派指導者、マスハドフ氏が死亡> http://www.asahi.com/international/update/0309/001.html

毎日新聞<ロシア政権、起死回生かけ決断−−平和解決遠のく恐れ> http://www.mainichi-msn.co.jp/search/html/news/2005/03/09/20050309dde007030034000c.html

読売新聞<チェチェン独立派指導者、マスハドフ氏が戦闘で死亡> http://www.yomiuri.co.jp/world/news/20050308it20.htm

東京新聞<チェチェン マスハドフ元大統領殺害> http://www.tokyo-np.co.jp/00/kok/20050309/mng_____kok_____002.shtml

産経新聞<チェチェン元大統領死亡 強硬路線に拍車か> http://www.sankei.co.jp/news/evening/10int001.htm

共同通信<元大統領死亡で報復強調 チェチェン武装勢力幹部>:
http://www.kahoku.co.jp/news/2005/03/2005030901000624.htm

 気になったのは最後の共同通信の無署名記事で、 ザカーエフの発言を、和平交渉の文脈から切り離して伝え、<報復を強調した>というレッテルを貼り付けている。 趣旨は、和平を達成しようとしていたマスハドフが死んだことで、「危険をクレムリンに与えるだろう」と言う意味であり、 報復とは関係がない。ロシアの「強硬路線」が10年間続いていてもほとんど記事にはならないが、 チェチェンの「強硬路線」ととれる発言があると、それはとたんに記事になる。 それを繰り返し見ていると、書き手は「ロシアに襲いかかる野蛮なチェチェン」という思い込みを前提にしているように思える。 チェチェンへの軍事侵攻がなければ、「報復」などありえないのだが?

7.ロシア側の目的)

 邪魔だから消した。と、シンプルに考えるのがよいと思う。

 まず、選挙当時の国民の明確な支持のあったマスハドフと、 親ロシア派のカディロフ(04年に暗殺)や、アルハノフ(現在の親ロシア派大統領)を比べると、 親ロシア派の選挙違反は数限りなくあり、国際機関も選挙監視していない点で「見劣り」がした。 多くのチェチェン市民にとって、親ロシア派は軽蔑と憎悪の対象であるし、私兵集団「カディロフツィ」の出現以降は、 これに恐怖も加わっている。

親ロシア派の大統領選挙: http://chechennews.org/chn/0336.htm
カディロフツィについて(アムネスティのリリース): http://chechennews.org/archives/pr20040507amnesty.htm

 また、民主的に選挙されたマスハドフ大統領が和平交渉を提起していたのは、ロシア側にとって頭痛の種だった。 ロシア政府には、国際機関や西側各国政府と市民団体からの圧力が常にあった。 圧力から逃れるためには、マスハドフを消すのが一番で、和平は二番以下。ロシアでは平和を口にするのが一番危険なのだ。

8.ロシア政府は解決を求めていない)

 紛争を平和的に解決するつもりならマスハドフを殺すべきではなかったし、武力で解決するならバサーエフを殺すべきだった。 マスハドフの殺害より、バサーエフの生存のほうが興味深い事実かもしれない。

バサーエフの近況[ChechenWatch]:
http://groups.msn.com/ChechenWatch/general.msnw?action=get_message&mview=0&ID_Message=1595

9.おわりに)

 マスハドフは、2月の停戦を実行したときに、気になる言葉を口にしている。 「(もしもプーチン政権が交渉に加わらなければ、)流血はまた長い間続くだろうが、 われわれはその最悪の事態に道義的責任を負えない」

 それは、そうだろう。
 今回の事件の結果として、誰の統制にも属さないゲリラグループが増えるなら、 それは「統制」そのものを消してしまったロシア政府に責任がある。いまだにプーチン大統領からは、はっきりしたコメントがないようだ。

 マスハドフとの交渉が平和への道だと考えられていた時代は終わり、今はまた別の時代に向かおうとしている。 その時代の姿はまだ見えてこない。


▼ 通信費、事務経費の寄付を歓迎します。金額は特に指定しません。
  三井住友銀行 溝ノ口支店 2835929チェチェンニュース編集室

▼ 新規購読/購読停止はこちらから:
  http://chechennews.org/chn/sub.htm

▼ この記事についての、あなたのご意見をお寄せください: ootomi@chechennews.org いただいたメールは、内容により、サイトでご紹介いたします。