チェチェン総合情報
ホーム | 更新情報 | 基礎情報 | チェチェンニュース | アーカイブス | 読者の意見 | イベント | ポリトコフスカヤ情報 | 林克明の仕事 | リンク | サイトについて

チェチェンニュース Vol.05 No.20 2005.07.17

発行部数:1665部

チェチェン総合情報:http://chechennews.org/
バイナフ自由通信:http://d.hatena.ne.jp/ootomi/


「上演されなかった『三人姉妹』」、その後

大富亮/チェチェンニュース

 ライトの落ちた劇場の席に腰をおろしたと思ったら、いきなり銃声が轟き、左右の扉を蹴破るようにして突入してきたゲリラたちに、私は銃口をつきつけられた。そういう芝居なのだとは聞いていたが、いままで情報としてだけ知っていた事件と、現実の武装ゲリラたちの姿が結びついてしまい、体が震えはじめた。

 昨日、紀伊国屋ホールで、「上演されなかった『三人姉妹』を見た。ゲリラたちは、不法占拠され、20万人の同胞が殺戮された「祖国」での戦争を中止させるために、劇場にやってきたのだ。観客に扮した何人かの役者も、人質になった。しかし、それまでかかっていたチェーホフの「三人姉妹」は、役者たちの発意で強引に上演されつづけるのだった。劇中劇として断続する「三人姉妹」と、演じる人々のドラマ。そして、舞台を取り囲み、監視する若いゲリラたちとの不思議な応酬が続く。

 この芝居は長い。2時間以上の間、観客には休憩もなく、座席についていなければならない。まるであの事件の追体験を迫るように。

 「この場所では固有名詞を口にすることを禁止する!」 と、若いゲリラのリーダーは宣言するから、詳細をきわめるディティルから示唆されてはいても、私たちの注視する地域から来たゲリラかどうかを問題にするのは、きっと野暮なことだ。

 だから、私たちはこう言うこともできる。ここは、アチェや東ティモールの人々を抑圧してきた人々の首都、ジャカルタかもしれない。イラクを不法占領するワシントンなのかもしれない。ウイグルの人々の東トルキスタンの独立を許そうとしない北京で、あるいは、クルド人への過酷な同化政策を貫くアンカラの劇場で、パレスチナの不法占拠を続けるイスラエルの首都で、これは起こりうる。あるいは、いつか、東京か、大阪で。

 そうやって名詞を連ねるのではなく、ただ省略することで見えてくるものもあるのだと思い知らされた。私たちはこう問われている。「チェチェンでなければ、どうなのだ」と。この芝居が何なのか、あの事件が何だったのか、どんな意味を持っていたのかを、これからも考える価値があると思う。それにはこの紛争のすべての要素が、縮図として詰まっているからだ。この芝居で銃口を突きつけられる前と後では、世界の見え方が違ってくる。

 精密に再現されたタイムラインと、衛星の電波越しに見たとおりの武装をまとって、彼らはやってきた。その主張はわかりやすい。「人質」となった私たちの心にも、すとん、と落ちてくる。わかりやすいだけに単調であっても、背景に彼ら自身も知らない謀略があったとしても、それでも言葉が届くのは、観客に別れを告げる若い彼らが、切なくなるほど決然とした表情を、私たちに向けたからだろうか。

 私たちの世界に突入し、そして消えていった彼らの姿を見て、思わず涙が落ちた。どうしても、彼らにもう一度会いたいと思う。今度は、チェーホフを読んだ後で。

(兵庫・尼崎ピッコロシアターでは、7月21日と22日に上演。詳しくは:
http://www.alles.or.jp/~rinkogun/sanninshimai.html


▼ チェチェンニュースはみなさまの応援によって発行されています。
通信費、事務経費の寄付をおねがいします。いくらでも結構です。

  三井住友銀行 溝ノ口支店 2835929チェチェンニュース編集室

▼ 新規購読/購読停止はこちらから:

  http://chechennews.org/chn/sub.htm

▼ この記事についての、あなたのご意見をお寄せください: ootomi@chechennews.org いただいたメールは、内容により、サイトでご紹介いたします。