チェチェン総合情報
ホーム | 更新情報 | 基礎情報 | チェチェンニュース | アーカイブス | 読者の意見 | イベント | ポリトコフスカヤ情報 | 林克明の仕事 | リンク | サイトについて

チェチェンニュース Vol.06 No.15 2006.07.11

http://chechennews.org/chn/0615.htm (HTML版) 発行部数:1533部

チェチェン紛争の情報+αを、(ほぼ)週刊で発信するメルマガです。 購読は無料です。バックナンバーはこちら

ここにメールアドレスを入力すると、購読できます:


INDEX

重大なニュースを二つ、お伝えします。

まず、チェチェンの野戦司令官、シャミーリ・バサーエフが死亡したという報道です。もうひとつは、7月13日にも来日する予定だったチェチェンの外科医、ハッサン・バイエフ氏の来日が暗礁に乗り上げていることです。

■シャミーリ・バサーエフ死亡か

チェチェン独立派の野戦司令官シャミーリ・バサーエフが、7月10日朝に殺害されました。すでに国内では朝日新聞共同通信が報じています。

報道が正しいとすれば、バサーエフはチェチェンに隣接するイングーシ共和国で、ロシア連邦保安局(FSB)を中心とする「特殊作戦」によって殺害されたそうです。

バサーエフは、第一次・第二次チェチェン戦争を通して独立派の野戦司令官として戦争に参加していました。第二次チェチェン戦争のきっかけのひとつとなった1999年のダゲスタンへの私兵を率いての侵攻事件をひきおこし、最近では2004年9月の北オセチア・ベスラン学校占拠人質事件でも犯行声明を出しました。(ただし、この事件での彼の犯行声明は信憑性にとぼしいものがあります。「ベスラン事件、真実はどこに?」を参照。いったい彼は事件の黒幕なのか、そうでないのか。その混乱が、現在のチェチェン戦争そのものです)

特に第二次チェチェン戦争(1999-現在)に入ってからの彼の位置は、独立派内の、あるいは統制の効かない存在としての最強硬派であり、独立派のマスハドフ大統領(2005年3月に暗殺)との軋轢も続きました。

バサーエフとロシア情報機関

バサーエフは、ロシア情報機関とも関係を持っていました。1992年のグルジア・アブハジア紛争の際、彼はロシア軍参謀本部情報総局(GRU)の訓練と指示を受けて、アブハジア側について戦っていました。

バサーエフは殺されたか?

きょう11日になって、バサーエフは殺害されたのではなく、自動車の爆発事故で死亡したという報道が入ってきました。ここでは両方の可能性があるとみて考えます。偶然発生した事故でバサーエフが死んだことを知ったロシア連邦保安局が、それを手柄にするために「特殊作戦により殺害」と報告した可能性が、、、っておいおいおいおい。君たち、子供?!

以下は殺害説を元にして書きます。

疑問に思うのは、ベスラン事件のあと、類似の事件が起こらなかったことです。2005年10月13日には、チェチェン近隣のカバルディノ・バルカリア共和国ナルチクでの武装蜂起事件がおこり、これもバサーエフによるものとされていますが、この事件ではロシア警察・軍などが標的とされ、ナルチクの市民の反チェチェンの感情はさほど高まりませんでした。

私は、バサーエフとロシア当局は、「戦争を継続する」という共通の利害を持っていると論じてきました。そうであれば、この考えと今回の殺害は一見つじつまが合いません。

こうも考えます。バサーエフの戦術が、人質事件、自爆攻撃といった、ロシア市民や国際社会の憤激を容易に買う種類のものから、別の何かに移ってきたとき、彼が「殺害」されたのだと。

私の知人のチェチェン人は、マスハドフの殺害に触れて、「チェチェンの希望が失われた」と言いました。そしてこう付け加えました。「あとはバサーエフしかいなくなった」と。ある程度のチェチェン人たちにとって、選挙された指導者としてのマスハドフという「表の希望」に対する、「裏の希望」、そういう存在だったのだと思います。私自身も、彼を強く批判しつつも、彼が万一和平交渉を引き受ければ、チェチェン情勢はまた少し違ったのではないかという気持ちを、捨てきれません。

もうひとつの変化点

彼の死は、99年のダゲスタン侵攻、05年のロシア軍によるマスハドフの暗殺に続いて、チェチェン情勢の一つの変化点になると思います。チェチェン独立派のいっそうの地下化が進み、さらに予測のつかない情勢が訪れることを憂慮しています。

ダゲスタン侵攻をはじめとする多数の犯罪を犯した彼を、逮捕し、裁判にかけることなく殺害したロシア当局に対する対する憤りを感じます。この殺害によって、解明されるべき多くの事実が、闇に葬られたからでもあります。

大富亮/チェチェンニュース発行人

バサーエフ関連情報:
人物情報: http://chechennews.org/basic/biograph.htm#Basayev
バサーエフにききたいこと(1):http://chechennews.org/chn/0424.htm バサーエフにききたいこと(2):http://chechennews.org/chn/0425.htm

「ベスラン事件、真実はどこに?」http://chechennews.org/chn/0522.htm

新聞報道: 朝日「ロシア、バサエフ氏を殺害 チェチェン独立派幹部」:http://www.asahi.com/international/update/0710/013.html
共同「バサエフ司令官を殺害 チェチェン独立派指導者」:http://www.nishinippon.co.jp/nnp/world/20060710/20060710_039.shtml

チェチェンの医師・ハッサン・バイエフ氏招聘が困難に

半年がかりで準備を進めてきた、ハッサン・バイエフ医師招聘が難しくなってしまいました。おそらく明日か明後日には状況が確定すると思いますが、最悪の場合7月の日本訪問はキャンセルとなり、延期となる可能性があります。

今も多くの方からの募金をいただき、多数の支援者が自主的に各地での集会を準備してくれています。にもかかわらずこんな事態になっていることを、招聘主催者の一員として、本当に申し訳なく思っております。

その事情は、チェチェンからアメリカに脱出したバイエフ氏に、US Travel Document(以下UTD)という書類が交付されていないことです。アメリカ国籍を持っていないバイエフ氏が、いったんアメリカを離れると、この書類のない限り、再入国することができません。

この書類は1年間有効ですが、昨年更新したときは、申し込んでから6週間で更新ができました。その期限が今年4月に切れ、すぐに更新したところ、すでに3ヶ月間も発行されていません。

バイエフ氏の招聘は4月以前から伝えてあったことなので、早期の発給があるように、さまざまなつてを使っていたのですが、結局発給されていません。今のところ却下になったわけではないので、明日にも発行される可能性を残しています。

もっと詳細がわかり次第、このニュースで流します。

新刊:ユーラシア・ブックレット『チェチェン紛争』刊行

チェチェンに関するブックレットを執筆し、最近発売しました。チェチェンについての基礎的な知識をまとめたものです。林克明との共著「チェチェンで何が起こっているのか」でまとめた最新の動きを、さらにアップデートした内容になっています。大手書店にはユーラシア・ブックレットのシリーズごと置いてある他、直接送金くださったかたには発送いたします。ぜひお買い上げください。

ユーラシア・ブックレットNo.94 「チェチェン紛争」
大富亮著 63ページ 定価600円+税
目次:はじめに/チェチェンとは/歴史/第一次チェチェン戦争/戦間期/第二次チェチェン戦争/チェチェン戦争/
送金先: 郵便振替口座 口座番号:00180-6-261048 加入者名:チェチェン連絡会議
金 額: 1冊600円+送料180円=780円(お手数ですが、通信欄に「ブックレット・チェチェン紛争」とご明記ください)


▼ チェチェンニュース/チェチェンイベント情報は、ロシア南部で続くチェチェン戦争に反対し、平和的解決を求める立場から発行しているメルマガです。
▼ 転送・転載・引用は歓迎です。なお、印刷物への転載は事前にご相談ください。
▼ ウェブサイトはこちらです: http://chechennews.org/ (チェチェン総合情報)
▼ 新規購読/購読停止はこちらから: http://chechennews.org/chn/sub.htm
▼ チェチェンニュースはみなさまの応援によって発行されています。
通信費、事務経費の寄付をおねがいします。いくらでも結構です。
<三井住友銀行 溝ノ口支店 2835929 チェチェンニュース編集室>
▼ よかったらメールください。 ootomi@chechennews.org
▼ 発行人:大富亮