チェチェン総合情報
ホーム | 更新情報 | 基礎情報 | チェチェンニュース | アーカイブス | 読者の意見 | イベント | ポリトコフスカヤ情報 | 林克明の仕事 | リンク | サイトについて

チェチェンニュース Vol.07 No.13 2007.05.19

http://chechennews.org/chn/0713.htm (HTML版) 発行部数:1656部

チェチェン紛争の情報+αを発信するメルマガです。 購読は無料です。バックナンバーはこちら

ここにメールアドレスを入力すると、購読できます:


北オセチアのベスラン学校占拠人質事件に関して、過失罪で訴追されていた警察高官が恩赦・釈放される見込みになりました。このままでは、「対テロリスト作戦」中に数百人もの子どもたちや一般市民を死傷させた責任者が、一切の法的責任も問われないまま、事件が収束されることにもなりかねません。ロシア大使館への抗議の葉書とファックスを用意しましたので、よろしければご協力ください。

難民支援基金についてのお願いもあります。チェチェン人難民を法律的に支援し、チェチェンと日本の関係を市民の手でつなげていくために、ぜひ皆様のご協力をお願いいたします。(邦枝律/チェチェンニュース)

難民支援基金のお願いはこちら: http://chechennews.org/chn/0713.htm#070518

INDEX

■ベスラン事件の責任者、恩赦・釈放に!!

北オセチアのベスラン学校占拠人質事件に関して、過失罪で訴追されていたプラボベレズニ地域警察の警察高官3名に対する裁判が中止される見込みになりました。裁判の中止を求めていた被告に対して、ロシア議会が恩赦を決定したためで、現地では、「ベスランの悲劇は決して許されない」「テロリストをかばう者もテロリスト」「FSBとロシア内務省はテロに責任を負っている」と訴える人々が抗議集会を行いました。

これに先立つ5月2日には、北オセチア最高裁が当局者の訴追を却下する決定をしています。

[バイナフ自由通信 5/6]
http://d.hatena.ne.jp/ootomi/20070506/1178460323

「対テロリスト作戦」中に数百人もの子どもたちや一般市民を死傷させた責任者が、一切の法的責任も問われないまま釈放される。こんな滅茶苦茶なことが許されてしまってよいのでしょうか。

[Caucasian Knot 5/11]
http://eng.kavkaz.memo.ru/newstext/engnews/id/1186420.html

以下に、ロシア大使館への抗議の葉書とファックスを用意しました。よろしければご協力ください。

葉書: http://chechennews.org/dl/20070518post_beslan.pdf (62KB)

ファックス: http://chechennews.org/dl/20070518fax_beslan.pdf (141KB)

■チェチェンニュースの新顔

チェチェンニュースに新しい仲間が加わってくれたので、みなさんにご紹介します。前回のチェチェンニュースで、「エリツィン死去報道とチェチェン紛争」の記事を書いてくれた藤沢和泉さんです。どうぞよろしくお願いします。以下に藤沢さんからのメッセージを紹介します。前回の記事や今後の記事について、ご意見、ご感想などあれば、ぜひ editor*chechennews.org まで(「*」を半角@に置き換えてください)。

「はじめまして、藤沢和泉です。私は2002年のモスクワ劇場占拠事件ではじめて明確にチェチェンを意識するようになりました。『チェチェン問題ってどんな問題?』と思い、それを調べるうちに『チェチェン総合情報』のHPにたどり着き、それ以来チェチェン紛争ついて勉強させてもらっています。こんなにひどいチェチェンの実態を知らなかったことで、マスコミ報道の役割に関心を持つようになりました。『批判』ではなく『期待』をしてメディア時評など展開できればと思っています」

前回の記事はこちら: http://chechennews.org/chn/0712.htm#070501

■プーチン大統領への公開状

Chechen Peace Forum という英国のNGOがプーチン大統領に宛てた公開状を紹介します。

「拝啓、プーチン大統領:私たちは、チェチェンにおける人権侵害と戦争犯罪を目の当たりにして、もうこれ以上沈黙していることはできません。私たちは、大統領の任期満了まで今日からちょうどあと一年を残した大統領に対して、チェチェン戦争を終わらせてチェチェンに平和と正義を取り戻すために残りの任期を用いるよう要請するために、この公開状を作成しました」

「1999年以降、何十万人ものチェチェン人が家を追われ、10万人以上―そのほとんどは市民―が命を奪われています。ロシア軍およびプーチン大統領によって最近任命されたチェチェン大統領ラムザン・カディーロフの私兵による失踪や拷問、強姦、超法規的な処刑、独立メディアのジャーナリストと人権運動活動家に対する言論封殺が、日常的に行われています・・・」

つづきを読む:
http://d.hatena.ne.jp/ootomi/20070510/1178801094


■難民支援募金のお願い

読者の皆さまに、お願いがあります。

私たちチェチェンニュースでは、チェチェンの情報を広めるという形で、ささやかな支援活動を続けてきました。また、各団体・関係者の努力によって、すこしづつチェチェンと日本の間のつながりが生まれてきています。

さて、今回私たちは、いままでお受けしてきたチェチェンニュース発行のためのカンパに加え、難民支援のためのカンパを、皆さまにおねがいします。やや特殊な事情があり、支援対象となる難民についての情報や、詳しい使途は、当分の間明らかにすることができません。

大まかに言えば、ある困難をかかえる難民の法律的支援の費用といえます。当面の目標としては月に400ドル(約5万円)ほどの募金が必要です。

こんな制約のある支援活動なのですが、安全が確保され次第、皆さまに成果をご報告します。また、全体的な収支については、これまでどおりチェチェン総合情報サイト上で報告します。

ほかの活動と同じように、このカンパが遠い日に、チェチェンと日本に住む人々の絆につながるよう、正しく使ってまいります。どうか、ご協力をお願いいたします。 (大富亮/チェチェンニュース)

郵便振替口座番号 00130-8-742287 口座名称 チェチェンニュース編集室

(金額は指定しません。お手数ですが、通信欄に「難民支援」とご明記下さい)

2006年度会計報告: http://chechennews.org/dl/2006kaikei.pdf

■沖縄・辺野古に自衛隊がやってきた!

普天間基地の代替施設建設に反対する住民や市民団体によって、2004年から完全非暴力の座り込み阻止運動が続けられている辺野古に、ついに自衛隊が投入されました。久間章生防衛相は、「『妨害に対する人命救助も含め、どんな場合も対応できる万全の態勢を取っている』と述べ、海自が警備活動を実施する可能性を示唆」しています。

[毎日新聞 5/17]
http://www.mainichi-msn.co.jp/seiji/feature/news/20070517k0000e010059000c.html

「沖縄の地元メディアは連日、『自衛隊投入』を伝え、仲井真弘多沖縄県知事は記者団に『何のためにくるのか分からない』と不快感をあらわにしている」とも。

[東京新聞 5/17]
http://www.tokyo-np.co.jp/article/politics/news/CK2007051702016730.html

下記に辺野古から緊急の呼びかけがあります。自衛隊が出動するということは「市民に銃を向ける行為」と同じではないでしょうか。よろしければ、今いる場所からでも、可能な範囲でご協力をお願いします。

つづきを読む:
http://d.hatena.ne.jp/ootomi/20070517/1179399852#seemore

5月17日付の東京新聞によると、海上自衛隊掃海母艦「ぶんご」は、久間防衛大臣の命令を受けて作業を行いますが、その内容については「公表できない」そうです。防衛大臣が自衛隊の活動内容を公表しないということは、自衛隊のシビリアンコントロール(文民統制)が崩壊することを意味します。これは自衛隊員にとっても極めて不名誉な事態なのではないでしょうか。ぜひ防衛省まで抗議をお願いします。

辺野古に棲息する絶滅危惧種のジュゴンを守るための環境アセスメントを求める国際オンライン署名はこちらから。

[ジュゴンを守るための環境アセスを!]
http://www.thepetitionsite.com/takeaction/511549172?ltl=1178084943


■イベント情報

●5/20 長野: 『踊れ、グローズヌイ!』上映会
http://d.hatena.ne.jp/ootomi/20070409/1176098336

●7/1 大阪: 『踊れ、グローズヌイ!』上映会
http://d.hatena.ne.jp/ootomi/20070418/1176870879

●5/22 東京: とめようやめよう共謀罪2
http://d.hatena.ne.jp/ootomi/20070424

●5/27 東京: ミーダーン連続講座:なんだかアラブ音楽
http://midan.exblog.jp/i2

●6/16 東京: 「戦争がはじまる」帰って来た伝説の報道写真家 福島菊次郎「遺言」講演会
http://www.jvja.net/fukusima%5Econtents.html

●6/17 東京: 日本の難民を考えよう! 難民EXPO'07 〜日本の難民とその支援を知る日〜
http://gyaku.jp/index.php?cmd=contentview&pid=000227

●6/22 各地: 動けば変わる! TEAM GOGO 2007
http://www.teamgogo.net/

■長期間のイベント情報

●1/27- 東京ほか: グアンタナモ、僕達が見た真実
http://www.guantanamo.jp/

●3/10- 東京: パラダイス・ナウ
http://www.uplink.co.jp/paradisenow/

●5/26- 東京: 映画「ひめゆり」
http://www.himeyuri.info/

●5/29-11/10 東京ほか: DAYS JAPAN フォトジャーナリズム写真展 「地球の上に生きる2007」
http://www.daysjapan.net/news/news2007/news200703_01.html

■編集後記

今月号の『クーリエ・ジャポン』(Vol.032)に、プーチン政権の強権政治を分析する記事が掲載されています。反プーチン体制運動を批判的に捉えた記事でもあり、読んでいるとかなり悲観的な気分になってきますが、関心のある方は店頭でお買い求めください。(邦枝)


▼ チェチェンニュース/チェチェンイベント情報は、ロシア南部で続くチェチェン戦争に反対し、平和的解決を求める立場から発行しているメルマガです。

▼ チェチェンニュースはみなさまの応援によって発行されています。
通信費、事務経費の寄付をおねがいします。いくらでも結構です。
<郵便振替口座番号 00130-8-742287 チェチェンニュース編集室>

▼ 転送・転載・引用は歓迎です。なお、印刷物への転載は事前にご相談ください。
▼ ウェブサイトはこちらです: http://chechennews.org/ (チェチェン総合情報)
▼ 新規購読/購読停止はこちらから: http://chechennews.org/chn/sub.htm
▼ よろしければ editor*chechennews.org までメールください(「*」を半角@に置き換えてください)。
いただいたメールは、内容により、サイトでご紹介いたします。公開を希望されない方は、 その旨お書き添えください。
▼ 編集人:邦枝律 発行人:大富亮