チェチェン総合情報
ホーム | 更新情報 | 基礎情報 | チェチェンニュース | アーカイブス | 読者の意見 | イベント | ポリトコフスカヤ情報 | 林克明の仕事 | リンク | サイトについて

最新刊
『文筆生活の現場〜ライフワークとしてのノンフィクション』編著:石井政之


林克明の仕事
Works of Masaaki Hayashi



1995年から、15回以上もチェチェン入りして取材したフリージャーナリスト、林克明。そのプロフィールと仕事を紹介します。

リンク

チェチェン 未来日記
林克明日記
通販あれこれ
Days Japan

連絡先

hayashi@arekore.co.jp

チェチェンニュース(無料)

メールによるニュースレターです。
まぐまぐ

サイト内検索

google

21.May.2006 平成暗黒日記

林克明さんの新しいブログ、「平成暗黒日記」がスタートしました。
http://ankoku-mirai.cocolog-nifty.com/

07.07.23:00 バイナフ自由通信に連載します

林克明です。このサイトで、チェチェン取材に関する連載を始めると書いて以来、数ヶ月も経ってしまいました。遅ればせながら7月1日より、『バイナフ自由通信』で「チェチェン日記」を始めました。ぜひ読んでみてください。気が向いたときに読んでいただければ幸いです。

 2004年12月から2005年1月にかけてチェチェン国内を取材してきました。首尾よく事が運んでもせいぜい二泊三日と見ていましたが、結果的に北コーカサスに三週間も滞在することができたのです。

 ロシア軍と役人主導の「ツアー取材」以外は禁止されているチェチェンで、奇跡が起 きたわけです。神のなせるわざだと思いました。テレビの報道番組を想定した取材で したが、9月上旬まで放映はできません。

 そこで活字と写真で少しでも伝えられればと思い、連載することにしました。まず は、今年4月から5月にかけて『信濃毎日新聞社』に書いた記事を一部訂正して掲載 し、そのあとに「チェチェン日記」を書く予定です。ときどきでも「チェチェン」の ことを頭に浮かべていただければ、ありがたいです。

02.19.21:00 林克明:報告会への参加への御礼とお詫び

12日の夜は、東京渋谷の東京ウィメンズプラザで行なわれた 「チェチェンで何が起こっているのか」にご参加いただいた方々に御礼申し上げます。 連休の真中の日で、しかも夜。加えて「チェチェン」というマ地味なテーマにもかかわらず。 めずらしく私は反省しています。かなり誤解を生む報告内容になってしまったからです・・・

02.09.00:00 【予告】女たちのチェチェン〜あるいは「閉ざされた声」

●4年半ぶりにチェチェンに入る
 ロシア政府は、監視つきの「ツアー取材」以外、外国メディアの立ち入りを禁じています。 そのため、外部から閉ざされたチェチェンでは大変なことが進行しています。 こうした中で、昨年12月から1月半ばにかけて、4年半ぶりにチェチェン領内に入ることに成功しました。

 2月12日(土)の報告会では、封鎖されたチェチェン領内で出会った人びとを紹介し、 彼らの「閉ざされた声」を伝えることに主眼をおきます。加えて現地の全体状況をお話したいと思います。

01.28.12:30 日記を書き始めた

 机の前に長時間座って、こつこつと作業をするのが子どものころから苦手だった。 外に出てあそび、うっかりとして時間もわすれ、暗くなってから必死になって家路を 急いでいたのが子ども時代の私だった。一応私は、フリーライターなのだから、そんなことは言っていられない。(林克明氏、今年の決意を表明)

01.09.00:00 立ち上がる女たち

 テロには必ず原因があり、テロをなくすためには、その原因を取り除かなければならない。 ロシア・チェチェンの関係では、ロシアによるチェチェン人への大規模な国家テロが根源にある。 もし仮に、岩手県くらいの範囲内で、北オセチアで起きたようなテロが10年間に400回も500回も発生したら、 そしてあなたがそこに住んでいるとしたら、どう感じるだろう。 条件が揃ってしまえば、誰もがテロリストになりうる。 一方で、報道を武器に立ち上がる女たちもいる。(写真と文:林克明)

過去の記事

「対テロ戦争」を声高に叫ぶものこそ(2004.09.10/週刊金曜日)
書評:『チェチェンやめられない戦争』(2004.09.20/共同通信)
離散した家族…空手家の夢(2004.08.20/信濃毎日新聞)
目覚めてしまった者たち(2004.05.21/信濃毎日新聞)
チェチェン戦争とは何か(2004.03.20/Days Japan創刊号)
解題『子どもの物語にあらず』が訴えるもの(2004.2月号/『世界』)
いま世界で/アゼルバイジャン・バクーより(2004.02.20/信濃毎日新聞)

プロフィール

林克明(はやし・まさあき)ノンフィクション・ライター。1960年長野生まれ。95年から1年10ヶ月モスクワに住み、チェチェン戦争を取材。2001年「ジャーナリストの誕生」で第9回週刊金曜日ルポルタージュ大賞受賞。著書に『カフカスの小さな国 チェチェン独立運動始末』(第3回小学館ノンフィクション大賞優秀賞)。近刊に写真集『チェチェン 屈せざる人びと』(岩波書店)、共著に『チェチェンで何が起こっているのか』(大富亮との共著、高文研)。『文筆生活の現場 ライフワークとしてのノンフィクション』(石井政之編著 中公新書ラクレ)、『安ければそれでいいのか』(山下惣一編著 コモンズ)などがある。日本ビジュアル・ジャーナリスト協会(JVJA)会員。

これまでに出版された本

『チェチェンで何が起こっているのか』

林克明と、このサイトの編集人の大富が執筆しました。ぜひご一読を。くわしくはこちら。ご購入はこちらから。

写真集『チェチェン屈せざる人びと』

「それじゃ、また」 まるで明日にでも再会するかのようにアスランと別れた。今は、いつか会えることを祈るだけである・・・鮮明な写真でチェチェンの姿を知る、初の写真集。ご購入はこちらから。

『カフカスの小さな国』
復刊投票
にご協力を

94年からの第一次チェチェン戦争で何が起こったのか?復刊運動にご協力を!
絶版本を投票で復刊!

新聞記事から

「フリー記者・林克明氏、チェチェンを歩く 誇り薄れ進むロシア化」
産経新聞 2005.02.06

「復讐は暴力でなく法廷で−ロシア軍制圧下のチェチェン」
東京新聞 2005.02.09