チェチェン総合情報

ロシアによる、対チェチェン軍事侵攻と占領が続いています。
このサイトは、侵攻に反対し、平和的解決を求める立場から、情報を収集/公開しています。
リンク、引用はご自由にどうぞ。よろしければ、情報やご意見をお寄せください。

mail: editor@chechennews.org

Мир и права человека Чечене!

"Chechennews.org" is a Japanese information site for peace and human rights on Chechnya.

Note: 最新情報はブログチェチェン総合情報Annexをご覧下さい

1.Dec.2016

プーチン訪日に反対する相談会にご参加ください!
Notice for protest action against V.Putin's visit to Japan

 ご存知のとおり、12月15日、16日にプーチン大統領が日本を訪問します。
 これまでの来日の際にも訴えてきましたが、
 チェチェンを軍事侵攻し、20万とも言われる民間人を殺害してきた
 プーチン大統領を、日本政府が招待することには、大きな問題があります。
 そしていま、シリアでのロシア軍の空爆によって、4千人近い人々が殺害されています。
 アレッポでは60万人が包囲下での生活を余儀なくされ、避難民の数は1千万人を超えているようです。
 これはまさに、人道の惨禍です。
 何人かの方と話し合いました。
 このようなとき、言葉もなく、ただ座って見ていていいのだろうか。
 できることはないでしょうか、と。
 そこでこの間、有志による相談会を開き、
 「戦争犯罪人プーチンを逮捕しろ!日露首脳会談に異議ありキャンペーン」を立ちあげました。
 ( http://putintaiho.exblog.jp/ ツイッターは https://twitter.com/campaign2016Dec )
 訪日まで約2週間ですが、できるだけ多くの方の参加をお願いしたいと思います。
 第二回の会議は、【12月3日(土)の18時から、東京ボランティア市民活動センターC会議室】で開きます。
 関心のある方はどなたでも参加できます。知恵を出し合って、訪日の機会にアピールをしましょう。

つづきを読む

19.Oct.2016

最近のチェチェン報道(日本語)
Recent covers on Chechnya(Japanese media)

  日本語でのチェチェン報道をピックアップしてお届けします。本文は記事のURLをご覧ください。

チェチェンニュース#458 プーチン訪日予定、最近のチェチェン報道

21.Apr.2015

映画『あの日の声を探して』いよいよ公開!
"The Search"

 今月24日から、チェチェン戦争を扱った映画『あの日の声を探して』が、いよいよ全国で公開される。

http://ano-koe.gaga.ne.jp/

 この映画は、1999年に始まった第二次チェチェン戦争で、両親を殺害されて孤児になる少年と、それを助けようとする国際機関職員をめぐる物語。

 異色のモノクロ・サイレント映画『アーティスト』でアカデミー賞を受賞したミシェル・アザナヴィシウス監督と、俳優ベレニス・ベジョの二人が、もっとも戦争の激しかった時期を克明に描いている。

 実際にコーカサスでロケをしており、戦争のシーンにも街頭のシーンにも、確かなリアリティが宿っている。また、デジタル映像ではなく、フィルムで撮影しているので、陰影が深い。物語とあいまって、人の心に染みるものがあった。

 チェチェンに関心を持っている人には、ぜひ見てほしい作品だ。個人的には、もう映画が始まった最初のシーンから泣けた。

 パンフレットに解説文を寄稿しました。よろしければお買い上げください。(大富亮)

関連記事:『アーティスト』監督が描くチェチェン紛争下の暴力の連鎖『あの日の声を探して』監督インタビュー

28.Mar.2014

ウクライナの人々の声
Voice from Ukrine

(「マイダン」(独立広場)の様子)

 【記事について】日本でもウクライナ関係の報道は多いのですが、欧米とロシアの陣取り合戦といった側面を強調するものが多く、普通のウクライナの人々がどんなことを考え、動いているかを伝えるものは少ないようでした。

 チェチェン問題も似ていて、「ロシアからコーカサスをもぎ取ろうとするアメリカのネオコンがチェチェンを支援している」と描写して、大国間のパワーゲームの解説にひたる識者もいます。それも分析かもしれませんが、やむにやまれず独立を求めたチェチェン人の歴史や、その心を知ることも大切だと思うのです。

 今号では、ウクライナを仕事で訪れたAさんからの寄稿を紹介します。(編集部)

つづきを読む

03.Mar.2014

ウクライナへの軍事介入に抗議しよう!
Fax Protest for Russian Embassy in Tokyo ongoing



 軍事介入を止めるために、東京のロシア大使館へのファックス抗議用紙を作りました。

 ここからダウンロードして使ってください。大使館のファックスは、03-3505-0593 です。

ワード版: http://d.hatena.ne.jp/toudenfubarai/files/fax_russian_embasy.doc
PDF版: http://d.hatena.ne.jp/toudenfubarai/files/fax_russian_embasy.pdf

 ロシア下院が、ウクライナへの軍事介入を可決しました。すでにクリミア地方ではロシア軍部隊が展開を開始しています。

 また、アメリカはロシアに対する経済制裁を検討するなど、緊張の度が深まっています。

 しかしこの問題の根本は、ロシアがウクライナの政治に干渉を続けてきたことにあります。そして、ロシア寄りのヤヌコビッチ政権を、ウクライナの人々が自力で倒したということを、ロシアをはじめ、国際社会は尊重しなければなりません。

 今、ここで軍事介入が進んでしまうと、数日のうちに2008年のグルジアのような事態になりかねません。

 ウクライナは小さな国です。チェチェンのような悲惨な紛争が繰り返されないよう、ご協力をおねがいします。

02.Mar.2014

ウクライナ政変とチェチェンの関係
Ukraine revolution and Chechnya

 ウクライナ政変の中で、気になっていたことがある。1月の中旬、野党勢力のリーダーの一人のユーリー・ルツェンコが、こう叫んでいた。

 「私たちがいま諦めたら、チェチェンの二の舞になってしまう。あの、ロシアに占領されたままのチェチェンだ」

 ウクライナ人には、これで何が言いたいかわかるらしい。たぶん旧ソ連の国々なら、どこでも通じる訴えなのだろう。

 ところが、チェチェンのカディロフ首長はこう言い出した。「ウクライナは西側に支援されたテロリストによって政権を奪われた。虐待されている人々を守るために、平和維持軍を派遣する準備がある」と。

つづきを読む

11.Feb.2014

なぜ彼らはソチオリンピック妨害をめざすのか
Why 'terrorists' threaten the Sochi games

  ソチオリンピックが始まっていますが、この北コーカサスで、今までどんなことが起きてきたのか、おさらいになりそうな記事がありましたので、紹介します。書き手のエリック・S・マーゴリスは、中東と南アジアを専門とする国際的コラムニストで、1994年にチェチェン軍事侵攻が始まって以来、この話題をフォローしているようです。

 記事のあとで少し補足を書きますので、どうぞお読みください。なお、もうすぐ来る2月23日は、ロシアの赤軍記念日と同時に、チェチェン・イングーシ民族が1944年に強制移住されてから、ちょうど70周年にあたる、悲しい記念日です。

つづきを読む

07.Feb.2014

オリンピック参加は人権侵害の黙認
Pussy riot "Don't come to Sochi"

  オリンピックに参加することは、ロシアで起こっている数多くの人権侵害を黙認することだと思う。以下、共同通信と、アムネスティのニュースより:

 【ニューヨーク共同】ロシアのプーチン大統領を批判するパフォーマンスをして実刑判決を受け服役、昨年末釈放された女性バンド「プッシー・ライオット(子猫の暴動)」の2人が5日、ニューヨークで記者会見し、ソチ冬季五輪観戦旅行に行かないなどの「ボイコット」でロシアの人権侵害に抗議してほしいと訴えた。  会見したのはマリヤ・アリョーヒナさん(25)とナジェジダ・トロコンニコワさん(24)。プーチン氏へのメッセージを問われ「辞めて」と答えた。

つづきを読む

  ソチオリンピックの開催が間近に迫り、政治的配慮からか、ロシア当局は不当に囚われている「良心の囚人」をまた一人、釈放した。

 表現の自由を平和的に行使して逮捕・拘禁された人びとを、少しずつ釈放するやり方は、実効性のある法制度とはほど遠い。

 ロシアはすべての良心の囚人を直ちに無条件で釈放すべきだ。そして、既に自由の身である人びとの罪を取り消すべきである。

つづきを読む

これまでの更新情報...

チェチェンの本を読もう!

書籍カバー:チェチェンで何が起こっているのか

チェチェンで何が起こっているのか
林克明・大富亮共著/高文研 \1,800

書籍カバー:チェチェン民俗学序説

チェチェン民族学序説−その倫理、規範、文化、宗教=ウェズデンゲル
ムサー・アフマードフ著/高文研 \2.500

書籍カバー:暗殺国家ロシア

暗殺国家ロシア 消されたジャーナリストを追う
福田ますみ著/新潮社 \1,680

この他のおすすめ...

基礎情報

チェチェン紛争とは何か
人物情報 | 地図 | 国勢
年代記
殺害されたジャーナリスト、人権活動家、政治家一覧
チェチェン関係記念日一覧
グロズヌイの天気
このサイトについて

チェチェンニュースの主な記事

#315 「ロシアへの愛がなければ」

#300 殺されたのは私たちだ

#299 ナターリヤ・エステミローワが殺された!

#297 アンナ裁判の動向/イングーシ大統領殺害未遂

#285 北方領土、チェチェン、歴史認識ーー3冊の本を通じて

ロシア・チェチェン友好協会潰される!

何がアンナ・ポリトコフスカヤを殺したのか?

北オセチア学校占拠事件、真実はどこに?

「放たれた毒」アンナ・ポリトコフスカヤ

チェチェンに50箇所以上の大量遺体遺棄現場がある親ロシア派政府当局者が認める

行動しよう!

各種連絡・抗議先
募金のお願い

声明

チェチェン人人権活動家の連続殺害事件について

プーチン首相を逮捕せよ!

文化

チェチェンの音楽から

カフカスの音楽を聞く

重要文書

ハサブユルト合意
ロシア・チェチェン平和条約
ロシア連邦-チェチェンにおける強制失踪と正義の実現[2007/5 amnesty](PDF 568KB)
チェチェン難民報告書(和訳)[2003/2 UNHCR](PDF310KB)
チェチェン難民報告書(PDF470KB)[2005/5 NRC]

さらに...


リソース

ブログ:チェチェン総合情報Annex
リンク

Yahoo!ニュース/ロシア

チェチェンニュース(無料メルマガ)

サイト内検索(google)


WWW検索 サイト内検索

参加しよう!イベント情報


ジャーナリスト

チェチェン 未来日記
平成暗黒日記
ポリトコフスカヤ情報
晒された傷(S・グリーン)

世界のほかの場所で

パレスチナ情報センター
パレスチナ関係のイベント情報(集会,映画,展覧会,テレビ)はアル・ガドが便利です
核とミサイル防衛にNO!キャンペーン
P-navi info
Falluja, April 2004 - the book
益岡賢のページ
SYI(収容者友人有志一同)

グループ・NGO

チェチェン連絡会議
アムネスティ・インターナショナル日本
日本国際フォーラム
チェチェンの子どもたち日本委員会
ヒューマンライツ・ウォッチ
プーチンはチェチェン戦争をやめろ!集会