チェチェン総合情報

更新情報 2011.01-

最新情報はトップページをご覧下さい。

2011年

2010年

2009年

2008年

2007年

2006年

2005年

2004年

2003年

2002年

02.Feb.2014

チェチェンとアルカイダの関係
The Soviet-Jihad Connection: Interview with Pavel Stroilov, Extract About Chechnya

 「チェチェンをはじめとする北コーカサスには、中東からアルカイダが入り込んで、テロを起こしている」という説が、まるで事実のようにマスメディアで流通しています。これについて、ロシアの歴史家パーヴェル・ストロイノフが語っているインタビューを読んでみます。また、ここではシリア情勢におけるロシアの意図についても考察します。

 このインタビューは、「チェチェンセンター」に転載されているのを見かけたのですが、最初に掲載されたのは「クラリオンプロジェクト」という、イスラムの穏健化を図るというような目的のサイトで、時期も2012年ですが、情報そのものは真実に近いと思いますので紹介します。

つづきを読む

25.Jan.2014

新刊書『チェチェン秘密外交』
New Book"Chechnya's Secret Wartime Diplomacy -Aslan Maskhadov and the Quest for a Peaceful Resolution"

 アメリカで、チェチェン戦争と平和的解決についての、新しい本が出た。タイトルは、『チェチェン秘密外交ーアスラン・マスハードフ平和の追求』。アマゾンでも買えるようなので、英語ができる方はぜひ買ってほしいです。チェチェンのサイト、「チェチェンセンター」に紹介が載っていたので、翻訳します。

 西側は、ロシアからガスと石油を買っている。みんなロシアの中の小さな国々から奪ったものだけれど。それを買いながら、ロシアのテロリスト、プーチンの機嫌をとる。もちろんチェチェンについての、ロシア側のプロパガンダも、自分たちから進んで信じている。

 私たちはすべてのジャーナリストや、実力のある政治家や、世論に影響力のある人々みんなに呼びかけたい。率直な記事や、ステートメントを書いてほしい。 自分の胸の中をよく見つめながら。チェチェンでロシアがやってきたジェノサイドを止め、チェチェン以外のところでも繰り広げている暗殺攻撃をやめさせてほしい。ロシア政府や、その情報機関FSBが作り出すプロパガンダを信じてはだめだ。

 私たち「チェチェンセンター」は、この新しい本を紹介できることを光栄に思う。チェチェンの人々は、今でも、平和と独立と、ロシアとの平和的解決を求めていることを示したい。

『チェチェン秘密外交 ーアスラン・マスハードフ 平和の追求』イリアス・アフマードフ、ニコラス・ダニーロフ著マクミラン出版社 2013年12月刊

つづきを読む

21.Jan.2014

チェチェンニュース#418 ダゲスタンからの便り
Chechennews#418 Letter from Dagestan

  チェチェン連絡会議のサイトに、北コーカサスのダゲスタンからの報告が掲載されました。首都マハチカラ市街でも、毎日のように銃声が聞こえてくるそうです。

 冬季オリンピックの開かれるソチとダゲスタンは、直線距離で600キロ程度しか離れていません。たとえば東京でオリンピックを開くなら、姫路あたりで軍と抵抗勢力の戦闘が起こっている上、首都を含めて、全国どこで自爆攻撃があるかわからない、という状況。欧米の首脳が開会式に欠席するのは、ある意味で当然だと思います。

 こんな悪条件で開かれるオリンピックがあったでしょうか。

 中国の習近平国家主席は出席します。ロシアにおけるチェチェンと同じように、国内でチベットやウイグルを弾圧しているから、「分離主義」には屈しないという意志を見せる必要がある、ということかもしれません。日本の安倍首相も、なぜか出席します。

 国際的な行事なので、マスメディアの報道はお祝いムードのようですが、これを機に、これまで北コーカサスで何が起こってきたか、チェチェンやダゲスタンがどんな弾圧にさらされているかを伝えてほしいと思います。

つづきを読む

29.Aug.2011

Amnesty:ロシア連邦 : アンナ・ポリトコフスカヤ暗殺で新たな逮捕―解決への一歩を踏み出す
New arrest for Anna Politkovskaya’s murder - step in the right direction

 ジャーナリストであり人権活動家でもあったアンナ・ポリトコフスカヤが2006年に暗殺された事件に関与したとして、元ロシア警察高官が逮捕された。アムネスティ・インターナショナルは8月24日、この逮捕は進展に向けた大きな一歩であると述べた。

 ドミートリー・パヴリュチェンコフ元警察中佐は、2006年10月7日に起こったアンナ・ポリトコフスカヤ暗殺を組織した疑いで、23日に逮捕された。以前、パヴリュチェンコフ元中佐の名前は、この殺害事件の重要な目撃者として挙がっていた。

 ポリトコフスカヤの暗殺に関わった疑いで2011年5月にチェチェンで逮捕されたルスタム・マフムードフは、殺人容疑で起訴された。ロシア最高裁判所がこの事件のさらなる調査を求めて裁判を差し戻した後、2009年2月に暗殺に関わったとされる3人に無罪判決が言い渡されたが、この3人のうち2人はルスタム・マフムードフの兄弟である。

 10年以上にわたり、アンナ・ポリトコフスカヤは、チェチェンと北コーカサスにおける人権侵害を訴え続けていた。

つづきを読む

5.May.2011

イベントご報告 『旅人は見た チェチェン戦争の歴史とふつうのひとびとの暮らし』

 チェチェン支援イベントの『旅人は見た チェチェン戦争の歴史とふつうのひとびとの暮らし』に参加してきましたので、簡単にレポートいたします。

 チェチェン支援イベントというと、講演会などが多いのですが、今回はチェチェン・グルジア料理の食事会と、ロックバンドのライヴという、初めての方でも楽しめる感じのイベントでした。

 お客様も20から30人は来られていて、大入り満員。大盛況でした。

 ロックバンド、ムーズィカ・キオスクのライヴはとっても良かったです。

 折しも、この日は労働者の祭典、メーデーの日。そして、時節柄、原発の問題についても関心が集まっている時でした。

 ヴォーカルの山口花能さんの歌は、チェチェンはもちろん、原発と労働者のこともテーマに織り込んであり、まさに今の時代にぴったりでした。

つづきを読む

11.Jun.2011

モスクワでブダーノフ元大佐射殺される
Colonel Budanov shot dead

 モスクワで6月10日昼過ぎ、ユーリー・ブダーノフ退役大佐が頭部に4発の銃弾を打ち込まれて射殺された。殺害現場は、コムソモリスキー大通りと第3フルンゼンスカヤ通りの交差点にある38/16号館の公証人役場のある中庭で、日本製中古車三菱ランサーに乗っていた数名に待ち伏せ攻撃された。犯行後、数ブロックはなれた場所に、この車は放火され遺棄された。

 ブダーノフは、1963年、ウクライナ生まれ。1998年から2000年まで、ロシア陸軍第160親衛戦車連隊司令官として第2次チェチェン戦争に従軍した。従軍中にブダーノフは17歳のチェチェン人少女エリザ・クンガーエワを強姦・殺害したとして2000年3月27日に逮捕された。チェチェン戦争中にロシアの将兵によって行われた強姦・殺人は枚挙の暇もないが、この犯行は、ロシア陸軍の高級将校によって行われ、現実に犯人がロシア刑法によって訴追された数少ない事件として、注目を集めた。

つづきを読む

10.Mar.2011

4/27よりイベント開催 『旅人は見た−チェチェン戦争の歴史とふつうのひとびとの暮らし』



 くわしい情報はこちら

 コーカサス地方の小さな国、チェチェン共和国は、ロシア軍による16年間にわたる爆撃や殺戮で、人口100万人のうち20万人を失いました。現在もヨーロッパでは数万人のチェチェン難民が亡命生活をしています。

 2010年の春から夏にかけて、チェチェンの首都グローズヌィや、難民が住むグルジアのパンキシ渓谷に行ってきた人が、たくさんの写真を見せてくれました。

 写真には、女性や子ども、お年寄り、家でくつろぐお父さん、井戸を掘る人、家を建てる人など、ふつうに生きているチェチェンの人々が写し出されています。

 多くの方々に、現在のチェチェンと、そこで生きるひとびとの暮らしを知っていただきたいと思い、今回のイベントを企画いたしました。沢山のご来場をお待ちしております。

4月27日(水)〜5月1日(日)
開館時間:12時〜19時(最終日は17時)
会場:ブックギャラリーポポタム(東京都豊島区西池袋2-15-17)
入場無料(関連イベントは有料)
主催:チェチェン連絡会議

つづきを読む
関連記事

16.Mar.2011

原発事故に関する信頼できる情報
Information on Nuclear Disaster on Fukushima

 ロンドンから情報発信しているFさんのサイトに、 信頼性の高い原発関連情報が集まっています。ぜひ、ご参照ください:

http://newsfromsw19.seesaa.net/ (『ロンドンSW19から』)

 また、現時点でもっとも信頼のおける民間の情報源として、 原子力資料情報室のネット記者会見と、プレスリリースをおすすめします。

トップページ:http://cnic.jp/

福島原発の危機について私たちは考えます 原子力資料情報室からのメッセージhttp://cnic.jp/modules/news/article.php?storyid=1020"

震災被災者をはじめ、皆様のご無事をお祈りしています。

16.Mar.2011

チェチェンへの旅2008年
Trip for Chechnya,2008

 2008年10月 チェチェンに行くチャンスがあった。モスクワで行われる学会(モスクワ映像人類学フェスティバル)に招かれたので、友人を訪ねチェチェンにも行きたいと、余裕のある査証手配を頼んだら、書類が色々なところへ(FSBなど対テロ作戦本部のこと))廻るから時間がかかるがと言われたが、実際に3週間の文化交流査証が発給され、映像祭の終了後にモスクワ、ヴヌーコヴォ空港から、グローズヌイに飛ぶことになった。モスクワ、キエフ駅から途中無停車のエアポート・エキスプレスが空港まで運行されている。2011年現在では、モスクワの主要3国際空港全てが空港とモスクワ地下鉄環状線の3ターミナル駅(ドモジェードヴォとパヴェレツカヤ、シェレメーチェヴォとベラルスカヤ、ヴヌーコヴォとキエフスカヤ)と結ばれ、交通事情は飛躍的に改善されている。(岡田一男)

つづきを読む

14.Mar.2011

自由コーカサス日本支部より、地震被災に関する哀悼の表明
Представитель ОПД Свободный Кавказ выразил соболезнования в связи с землятрясением Японии

 日本の皆さんに対し、今回の地震・津波の被害に深い哀悼の意を表します。自由コーカサス日本支部は、長年に亘り世界の世論にチェチェン共和国の真の状況について伝えるように努め、定期的に社会活動家の参加する会合を開き、ロシア、チェチェン、北コーカサスでの人権侵害状況についてインターネットサイトで広報活動をおこなっている、チェチェン連絡会議の方々にこころよりお悔やみ申し上げます。(抄訳)

原文

13.Mar.2011

地震と原子力災害と私たちーー原子力資料情報室の情報に注目を
Earthquake and Nucrear Disaster and Us

 東北地方の悲惨な状況にもかかわらず、私の住む神奈川県は平穏です。町は買い物客で混み合っています。それでも、ラジオや懐中電灯、電池は品切れの張り紙。平穏なようでいて、実は不安な私たちの気持ちをよく表現しています。

 10年と少し前、仕事の必要に迫られて、原子力関係の本を読み漁っていた頃がありました。それ以来、原子力の問題はかなり批判的に考えるようになっていました。枝野官房長官の会見を何度も耳にするうち、その内容をそれまでの知識と突合せ、「なにかがおかしい」「本当はもっと深刻なはずだ」と思わずにいられませんでした。

 その矢先、福島第1原発の1号炉の建屋が吹き飛んだのです。いま、1号炉で漏れた放射性物質は北に150キロほどはなれた女川原発に届いているという情報もあります。

つづきを読む

13.Mar.2011

チェチェンからの手紙
"Sobshenie" Letter from Chechnya

 チェチェンから届いたメールを紹介します。

 日本の友人の皆さんへ

 日本で震災に遭われた皆さんへの、私たちの深い共感を、どうかお受け取り下さい。血の通う心臓を持つ人間として、ニュースの画像には私たちも恐怖を感じます。日本のすべての人々がそうであるように。

 皆さんが祈る時、私たちも、皆さんのために祈っています。民族と、家族の運命が切り開かれますように。犠牲者の皆様のご冥福がありますように。

 どうか忘れないでください。私たちは遠く離れたところにいますが、心は共にあり、あなた方のために祈っています。私の姉妹と、チェチェン共和国のすべての女性からの同情とともに。Мариана.

11.Mar.2011

「ロシアン・ダイアリー」、「プーチニズム」絶版へ
Politokovskaya's "A RUSSIAN DAIRY" and "PUTIN'S RUSSIA" Japanese edition will out in March

 

 NHK出版から刊行されている、アンナ・ポリトコフスカヤの「ロシアン・ダイアリー 暗殺された女性記者の取材手帳」と、「プーチニズム 報道されないロシアの現実」が、今月で絶版になり、在庫も廃棄されるため、入手困難になります(「チェチェン やめられない戦争」はまだ大丈夫です)。3月18日までの注文は受け付けるそうです。まだこれらの本を入手していない方は、ぜひお買い上げください。この本を一冊でも多く後世に残すためにも。図書館関係の方々も、ぜひ購入ご検討ください。

 政治の冬、再来ーー人権よりも国家イデオロギー、対話よりも絶対服従。プーチン主義がロシアを覆いつくす。政治家、軍人はどんな金融犯罪を犯しても逮捕されず、軍隊では兵士が中隊ごと脱走して原野をさまよう。モスクワ劇場占拠事件の被害者たちは、なぜモスクワ市を相手取って訴訟を起こしたのか。プーチン再選の裏では何が起きていたのか。「プーチニズム」は、通常の報道では決して聞こえてこないロシアの現実を、一市民の視線で報告する一冊。

NHK出版のサイトで購入
bk1で購入
amazonで購入


04.Mar.2011

知っておきたい日本の難民認定数ー認定率はわずか3.2%!

 毎日新聞記事より。何かすごい楽天的なことを、法務省は言っています。ビルマの政情が安定って、一体、、、。

 法務省入国管理局は25日、10年に難民認定申請した外国人は、前年より186人少ない1202人だったと発表した。難民認定者は39人で、前年より9人増えた。07年に反政府デモがあったミャンマーからの申請が226人減っており、入管局は「現地の政情が安定してきたためではないか」としている。

難民認定:ミャンマーから申請減少 「政情安定か」入管局

 2010年の難民認定数は39名ですから、認定率は3.2%。2009年の難民認定数30名(認定率2.1%)に比べると、1.1%増加しています(難民保護の精神からすると、有意の変化ではないと思いますが)。しかし、在留特別許可を含めた庇護の件数が2009年:531名、2010年:392名であることを比較すると、全体としては38%から32%まで6%も減少しており、状況は悪化しています。

 法務省・入管当局には、難民を生み出している現地情勢の調査能力はほぼなく、多くの難民申請者がはねられるのは、「供述が不合理である」という理由です。昨年もチェチェンからの難民2名がその理由で難民不認定になりました。早い話、「あなたの話はツジツマが合いませんよ」ということですね。

 難民自身は、自己の境遇について正確に述べられない場合が結構あります。単純に、論述・記述の能力によることもあるでしょうし、また、自己の安全のために、支援者にも、日本政府にも話せない事情がある場合も多いはずです。

 たとえば過去に、法務省がトルコ政府に難民申請者の情報を提供してきたことを考えれば、国で命の危険を感じて逃げてきた人々が、日本政府に正確なことを話せないということは、理解できます。

 難民申請はそういう性格のものですから、供述が「不合理」であるかどうかは、供述そのものだけでなく、現地で起こっている戦乱や人権侵害の実態と、そこから逃れてきた人であることの一定の証明を踏まえて判断がされるべきだと思います。現在の法務省入国管理局、難民審査部門にはそのための基礎的な調査能力が欠落しています。

 つい、話がそれてしまいましたが、それにしても、昨年の難民認定率、わずか3.2%。日本において、難民認定制度は事実上、反故になっています。入国管理局が難民認定を行っている状態は、そもそもまちがっています。外国人を取り締まる目的の官庁が、難民保護をするのは無理がありすぎ。

14.Feb.2011

チェチェン当局が首都グロズヌイで住民の強制立ち退きを強行
AMNESTY:CHECHEN AUTHORITIES EVICT FAMILIES IN GROZNY

 ぜひ緊急アクションにご協力ください。とりあえず、メールか、ファックスで。

 ロシア連邦チェチェン共和国の首都グロズヌイで、数十家族が当局により、「一時」居住センターから強制的に退去させられた。さらに多くの住民がすぐにも立ち退くよう迫られている。

 1月14日、武装した迷彩服姿の男たちが、100家族が暮らす家族用宿泊施設(ホステル)にやってきて、伝えられるところによれば大統領令だとして、住民に出ていくようにと言った。その後、同市では、さらに少なくとも6つのホステルの住民が立ち退くように言われた。多くが48時間以内に部屋を明け渡すように言われ、代替住居の提供もされなかった。住民が家族用ホステルから強制的に退去させられているのは、アルグンの町のアパートから立ち退かされた家族に場所をあけるためである。

つづきを読む

14.Feb.2011

「息子が爆破に関わったなんて、信じられない」
Telegraph:Moscow airport bombing: 'I can't believe my son was behind this'

The father of the Moscow airport suicide bomber tells Andrew Osborn how his son 'was turned into a terrorist'.

つづきを読む

14.Feb.2011

イングーシの野党活動家ハンビエフ、毒を盛られた
Magomed Khazbiev has been Poisoned

 Russian journalist Olga Bobrova from Novaya Gazeta has reported that well-known Ingush opposition leader Magomed Khazbiev was poisoned in Moscow on February 11.

According to the news, Magomed Khazbiev held a meeting in a cafe in Moscow, the capital of Russia. “Two strange men were sitting near our table and watching us. As soon as our meeting ended, they also stood up and left the cafe. I tried to finish my dish, but I couldn’t,” said Magomed Khazbiev, the editor of dissident website, Ingushetiyaru.org.Russian journalist Olga Bobrova from Novaya Gazeta has reported that well-known Ingush opposition leader Magomed Khazbiev was poisoned in Moscow on February 11.

つづきを読む

9.Feb.2011

モスクワ空港爆破・ウマーロフの犯行声明の謎
Questions about Umarov's took responsibility for Airport bombing

 モスクワの事件について、チェチェン独立派・コーカサス首長国ののウマーロフ首長から、犯行声明ビデオが出た。それをめぐって、いくつか疑問が浮かんだので、整理してみたい。

 

・なぜプーチンは、この事件に「チェチェンは関係ない」と言い放ったのか。
・なぜ捜査当局とプーチンは「事件は解決した」としつこく発表したのか。
・なぜウマーロフは、声明を2度に分けたのか。

 とりあえず、疑問はこの3つだ。時系列を見てみよう。

つづきを読む

8.Feb.2011

ドック・アブ・ウスマン(ウマーロフ)、モスクワ空港爆破の責任を表明
Dokku Abu Usman took responsibility for Moscow airport Martyr bombing

 2月7日付けカフカスセンターより翻訳・転載します。
英文:http://www.kavkazcenter.com/eng/content/2011/02/07/13482.shtml

 2月7日深夜、カフカス・センターは、コーカサス首長国のドック・アブ・ウスマン(ウマーロフ)首長からのメールを受け取った。内容は、1月24日にモスクワの空港に対して行われた自爆攻撃(Martyr operation)に関するものである。

 このビデオによる声明は、事件当日の日付で発行されている。声明の中で首長は、モスクワでの攻撃は自分自身が命令したものだと明言している。また、こうした作戦を、今後も断固として継続するという。

 ウスマン首長は、現在の闘争の性格について、こう語っている。コーカサスのムスリムは、アッラーの名のもとに、イスラムの信仰と人々の尊厳、コーカサスのムスリムの土地の解放、そして、法と正義の確立のために、ロシア占領軍に対して戦うのだと。

 2月4日にウスマン首長が、リャドウス=サリヒーン殉教者旅団の基地から発信したビデオ声明で、ハムザート殉教旅団、ムジャヘッド・セイフッラらを、モスクワへ自爆攻撃のために派遣したと語っていたことを想起されたい。

 カフカスセンターは、ウスマン首長の声明(次のリンクのビデオ)を、削除・省略なく紹介する。

http://www.dailymotion.com/video/xgxiuz_yyyyyyyyy-yyyyy-yyyyy-y-yyyyy-y-yyyyyyyyy-yyyyyyyyy-y-yyyyyy_news

カフカスセンター通信部
2011年2月7日

日本語の関連記事:
ロイター:ロシア空港爆破、チェチェン勢力が「見せしめ」と犯行声明
朝日:モスクワ空港テロ 北カフカス武装勢力が「犯行声明」

5.Feb.2011

チェチェン難民支援カンパにご協力くだい!

 私たちがこの間支援を続けてきたチェチェン人難民申請者、S 君が、ついに西日本入管センターから仮放免されました!もちろん公的機関にも援助を要請していますが、弁護士や支援者の交通費や必要経費、当座の一時的な生活費、入管収容所からの仮放免の際の保証金などの諸費用をチェチェン連絡会議が担っています。昨今の経済情勢厳しき折に大変恐縮ではありますが、皆さまのご支援をお願いする次第です。 私たちは、日本においてチェチェン難民支援をすることが、ひいてはチェチェンの平和復興を支援することにつながると考えています。一口千円から、何口でも結構です。ぜひ、皆さまのご協力をお願いします。

問い合わせ先:メール:clc@chechennews.org
郵便振替口座: 00180-6-261048 口座名称:チェチェン連絡会議
銀行口座: ゆうちょ銀行 019店 当座 0261048 チェチェンレンラクカイギ

つづきを読む

5.Feb.2011

エジプト、ロシアにおけるジャーナリスト迫害を弾劾
Joke:Egypt slams harassment of media in Moscow

 世界の話題の中心となっているエジプト外務省が、なぜかロシア政府に対して、異例の注文をつけたことが話題になっている。4日、公式サイトにおいて、ロシアで合法的に活動するジャーナリストが迫害されていることは受け入れられない、とするメッセージを公開した。

 またエジプト外務省は、ロシアでジャーナリストが攻撃されていることが、非常な懸念を呼び起こしている、と強調している。  

 エジプト側は、ロシア政府およびその反対勢力に対して、外国人ジャーナリストらの安全を確保するよう呼びかけている。またエジプトは、ロシアが暴力を放棄し、対話および平和的政治的手段で、危機を克服することを求めている。  

  ロシアではプーチン首相の辞任を求める声が、就任以来続いている。

※なんちゃってニュースです。「ロシア」と「エジプト」を入れ替えるだけで、事実にもどります(一部戻らない部分もあります)。もとのニュースはこちら:http://japanese.ruvr.ru/2011/02/04/42786854.html または http://en.rian.ru/world/20110204/162448397.html

04.Feb.2011

エジプトの人々との連帯を! 2.5緊急エジプト大使館行動の呼びかけ

 遅ればせながら、有志呼びかけによる緊急エジプト大使館行動の案内です。ぜひご参加ください。

[転送転載歓迎]

 エジプトの民衆は30年続いたムバラク独裁政権の即時退場を求める運動に立ち上がりました。1月25日以来、急速にエジプト全土に広がった自由・民主主義・人権を求め、失業・物価高・貧困に抗する運動を、ムバラク政権の警察部隊は厳しく弾圧し、すでに百数十人の死者が出ていると報じられています。

 しかし、エジプトの人びとはさらに「ムバラク即時退陣」の声を強め、2月1日には全土で100万人もの人々がデモに参加しました。追い詰められたムバラクは、9月の大統領選挙には出馬しない、との声明を発表しました。しかしカイロの広場を埋めた民衆の多くは、「私たちの求めていたのは即時退陣だ」と、強く批判しました。

 翌2月2日、明らかに政権の側が組織したとしか思えない「大統領支持派」が、広場を襲撃し、7人が死亡し数百人が負傷するという惨事が起こりました。ムバラク政権は、自ら作り出した「混乱」を利用して暴力的な巻き返しを強め、政権にしがみつこうとしているのではないでしょうか。

 イスラエルのパレスチナ占領に協力し、莫大な軍事援助を米国から得ていたのがムバラク体制でした。

 私たちは、今こそ「ムバラク政権即時打倒」を訴える民衆に対する血の弾圧を許さず、民衆自身が自らの手で自由をかちとろうとする闘いに連帯したいと思います。

 エジプトでは現地時間の2月4日には、再び多くの人びとが「ムバラク即時退陣」を求めて集会・デモ計画しています。

 私たちは2月5日(土)午後に東京都目黒区のエジプト大使館前で、「弾圧反対・独裁者は去れ」の声を上げることを皆さんに緊急に呼びかけます。

 なおこの日は午後にエジプト人留学生の方々が、渋谷で平和パレード(12時30分恵比寿公園集合、13時-14時集会、14時パレード出発、神宮通公園解散)を行います。そうした留学生とつながることができれば幸いです。

 皆さんそれぞれのメッセージ、申し入れ文、プラカードなどを持ち寄って集まってください。

<集合日時>

2月5日(土) 午後2時
東急東横線「代官山」駅(渋谷から1駅・急行は停車しません)
正面口改札前

エジプト大使館(地図あり)
http://www.embassy-avenue.jp/egypt/index-j.htm

<呼びかけ>国富建治(反安保実行委員会)杉原浩司(核とミサイル防衛にNO!キャンペーン) 連絡先:090-1705-1297(国冨)

30.Jan.2011

シノドス:「ロシア空港テロ事件〜その背後にあるもの 廣瀬陽子」

 国際政治学者の廣瀬陽子さんの論説です。下記の引用部分、大切な指摘だと思いました。

苦悩する北コーカサスの人々

 ロシアの国家対テロ委員会は2009年4月16日に、チェチェン共和国で過去 10年間にわたって継続してきた「対テロ掃討作戦」の終了を宣言した。ロシア軍がチェチェン人に対して行ってきた数々の残虐行為については、本稿では割愛せざるをえないが、多くの犠牲者が出て、多くの難民も発生していることは留意されるべきだろう。そして、ロシアの対テロ掃討作戦が終わったからといって、チェチェンが平和になったわけでは決してない。

 ...カディロフはロシア政府からの財源を私的に利用して、贅沢三昧の生活を送って、チェチェンの復興をごく表面的にしか進めない一方、カディロフの私兵といえる「カディロフツィ」は、一般住民に対して、数々の悪徳行為を行ってきた。金品の強奪、誘拐・強姦・拷問などとセットにされた多額の身代金要求、殺害など、その悪行については枚挙にいとまがない。そのため、チェチェン人のなかには、ロシア軍よりカディロフおよびカディロフツィを恐れる者も少なくないのである。

 そのような恐怖政治のなか、チェチェンのイスラーム武装勢力のほとんどはチェチェンを離れ、活動の拠点を周辺の北コーカサス諸国に移した。だからこそ、北コーカサス全体がテロにまみれ、不安定化しているのである。北コーカサス全体で、住民は不安定な情勢に怯えている。

つづきを読む

25.Jan.2011

「ロシアで起きたテロ」というブラックジョーク
Black Joke on "timeline of attacks in Russia"

 本当に、ロシア政府の行動はすばやい。

 テレビでは、爆破現場の映像が、もう公開されている。爆発現場に、監視カメラが、偶然設置してあったに違いない。

  そして、もう「チェチェン共和国出身の3人の男」が、犯人の可能性が高いと、発表している。

  アンナ・ポリトコフスカヤ殺害事件を、4年以上放置して、いまだに犯人の目星もつけられないロシア政府とは、到底思えないほどの、きびきびとした捜査能力に、ついため息が出る。

 今日、1月25日の東京新聞朝刊には、モスクワ・ドモジェドボ空港での爆破事件に関連して、「ロシアで起きた主なテロ」という表が掲載されていた。この手の事件があると、同様の年表がいろいろな新聞に載る。

 この年表は、チェチェン人がどれだけロシア人を殺してきたかを説明する資料であり、その逆ではない。こういった表での犠牲者数を合計しても、今まで、チェチェンによる「テロ」で死んできたロシア市民は1,000人を越えない。しかし、ロシア軍による対チェチェン軍事侵攻で殺されてきたチェチェン人の数は、20万人以上にのぼる。1人のロシア人が死ぬ間に、チェチェン人が200人死んできたという事実は、こういう表からは、どうしても読み取れない。

 このように、テロの脅威を、現地政府・治安当局の視点に立って宣伝する姿勢は、ロシアにおける日本新聞社、通信社の支局だけの問題ではなく、日本国内でも、記者クラブ制度を通じて、政府と一体化した報道しかできないマスメディアの問題を浮き彫りにしている。

つづきを読む

30.Jan.2011

【きょう】「いま世界は」ロシアの闇カフカス問題の深層

 もう今日ですが、午後7時からのBS朝日(BSデジタル5ch)の「いま世界は」で、空港爆破事件関係のニュースが放送されます。ジャーナリストの林克明さんがコメンテーターです。どうぞご覧ください。

http://www.bs-asahi.co.jp/imasekaiwa/

  # ロシア空港自爆テロ…ロシアの闇カフカス問題の深層  
 ロシアの空港で起きた自爆テロ。北カフカス地方イスラム武装勢力による犯行の可能性が強まっている。ロシアが抱える問題に迫る   

番組へのご意見、ご感想:
http://www.bs-asahi.co.jp/apps/contact/pc/index.php

29.Jan.2011

「報道特集」36人死亡空港テロの背後に何が露最大のタブーに迫る

 もう今日なのですが、TBS系列の「報道特集」で、ロシア・チェチェン関係のニュースが20分にわたって放送されます。チェチェンから日本に来ている難民や、私も取材を受けました。どうぞご覧ください。(大富亮)

 TBS系列 17:30 「報道特集」
 メインキャスター:金平茂紀、日下部正樹
 36人死亡空港テロの背後に何が露最大のタブーに迫る
36人死亡、モスクワの空港テロの背後に何が?

▽現場で金平キャスターが見たもの▽北カフカス出身者犯行説は本当か▽チェチェンの闇▽テロ容疑で拷問を受けたチェチェンの男性が報道特集のカメラに語ったこと▽女性ジャーナリストの不可解な死▽その娘が語ったこと▽「ノバーヤ・ガゼータ」という新聞▽既存メディアとネット

 番組へのご意見ご感想は次のアドレスまで:
houtoku@best.tbs.co.jp

 アムネスティ・フィルムフェスティバルも、今日から新橋で。お時間のある方は、ぜひご参加ください。

http://www.amnesty.or.jp/?aff&mm=1

つづきを読む

25.Jan.2011

モスクワの空港で爆発事件
Explosion rocks Moscow's Domodedovo Airport

 モスクワのドモジェドボ空港で、爆発事件があったもようです。以下の毎日新聞には、すでに「カフカス系の男」として、チェチェンや北コーカサス系のテロの可能性が言及されていますが、具体的な情報はありません。何かの事故か、何者かによる爆破工作か、どのような展開になるのか、私にもわかりません。

 そのような時だからこそ、慎重に報道したり、丁寧に背景を見ていくことが必要だと思います。

 もちろん、事件が人為的なものであるとしたら、ロシア政府は犯人を逮捕し、裁判にかけ、背後関係を明らかにする責任があります。第三者としても、それを期待したいところです。

 しかし、その発表を、鵜呑みにすることはできません。たとえば、プーチン・メドベージェフ政権は、イギリスで元連邦保安局将校リトビネンコを殺害したとされるルゴボイ容疑者を、イギリスに引き渡すどころか、与党統一ロシアの候補者として国政選挙に出馬させ、国会議員にしてしまっています。

 ロシア政府の公式発表はこれからだと思いますが、とりあえず、すぐに飛びつかず、紹介はしても、信じ込まないようにしましょう。メディアには速報という役目があるのですが、その一方で、真実は、私たちの望むようなものであっても、そうでなくとも、時間をかけて、徐々に明らかになっていくというのが、歴史のあり方ではないでしょうか。(大富亮/チェチェンニュース)

 ああ、それにしても大事になりそうな予感。明日は仕事があるのに・・・。

(毎日1/25)ロシア:モスクワの空港で爆発、31人死亡…自爆テロか  

【モスクワ大前仁】ロシアの首都モスクワの南郊にあるドモジェドボ国際空港到着ロビー付近で24日午後4時半(日本時間同10時半)過ぎ、大規模な爆発があり、ロシアのタス通信によると、少なくとも31人が死亡、約130人が負傷した。ロシア連邦検察捜査委員会はテロ事件として捜査を開始したと発表した。

つづきを読む